yum-mil-kick (よむ・みる・きく)

日々のつぶやき転載日記。私にとってのTwitterとは、(「tweet」を)「ついばむ」ことと見つけたり。です。

フリーターから正社員雇用は難しい?

フリーター:大半の経営者が採用に消極的 経団連調査msn毎日インタラクティブ

 景気回復などに伴い人材不足の課題を抱える企業が急増しているにもかかわらず、大半の経営者は「フリーター」の採用に消極的であることが、日本経団連の実施した経営者アンケートで明らかになった。

 調査は今年6月、経団連会員企業など計2149社の労務担当役員などを対象に実施し、560社から回答を得た。

 調査結果によると、雇用情勢に関して「人材不足」と回答した企業が40.3%と昨年の調査に比べて14ポイント増えた。特に若年層の正規社員について「不足」と答えた企業は26.5%で、「やや不足」(52.2%)を加えると8割近い企業経営者が若年層の人材不足を感じていた。

 しかし、フリーターの採用については、「採用しない」が24.3%、「採用には消極的だが、経験・能力次第では採用したい」が64%で、「積極的に採用したい」と答えた企業はわずか1.6%にとどまった。

 内閣府の調査では、若年層のフリーターは90年の183万人から01年には417万人に急増し、うち7割超が正規雇用を希望している。【斉藤信宏】

毎日新聞 2006年8月23日 19時59分

 記事中の数字を合計すると、88.3%の企業が「フリーターを正社員にする勇気はない」という立場であることがわかります。
 もう少し何か面白そうな事はないかな、と経団連」「2006年6月」「経営者アンケート」をキーワードに検索してみたところ、こんなページがありました。
 就職関連のニュースがまとめられているようです。


就職ニュースNPO人材アカデミー
 個人的には「子どもをニートにしないための6カ条」「フリーター対策『特効薬なし』指導で実感 」という見出しが目を引きました。
 が、上の記事に関連することとして「意思伝達力 採用で重視」 「企業と学生 認識にズレ」 「2006年就職希望企業総合ランキングトップ3の求める人材」項目があるよ、と添えておきます。